• HOME
  • 紅とは
  • 商品のご案内
  • 紅ミュージアム
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 紅ブログ

紅ミュージアム<サロン>

現代に息づく紅の文化を、多方面から体感できるスペース

「紅」を点(さ)し、味わい、五感で堪能していただくサロンスペース。様々な角度から紅の魅力をご案内するとともに、四季折々に合わせ、日本で育まれてきた美意識や江戸の文化を発信しています。
江戸時代から続く伝統の口紅「小町紅」もお試しの上、ご購入いただけます。また、紅花関連商品や、日本の伝統の技が息づくこだわりの品々をお求めになれます。
 

紅で粧う 〜小町紅のお試しづけ〜

玉虫色の輝きを放つ「小町紅」は、水で溶いて使う口紅です。唇に重ねる紅の量により、透明感のある淡い桜色から深紅まで、装いに合わせて幾通りもの色が表せます。また、小町紅は、その人の持つ唇の色を反映して発色するため、ご自分だけの色味を体感していただけます。

 

味を味わう 〜自然の恵みから生まれた「紅」〜

雛祭りの菱餅、お祝い事に出される紅白餅など、日本では、昔から年中行事の際に菓子などを紅で染める習わしがありました。江戸時代になると、紅花から抽出した紅が盛んに使用されていた様子が、当時の料理書などからうかがえます。サロンでは、食物の着色料として使われてきた天然色素である紅をお伝えするとともに、いにしえより「ぬくもりの薬」として愛されてきた紅花100%使用の「べにばな茶」をお楽しみいただけます。

 

紅を纏う 〜紅染めの逸品をご紹介〜

紅は染料としても古くから日本人に愛され、濃淡様々な色合いの紅染めが生み出されてきました。かつては位階によって身に纏うことのできる色が厳格に定められており、紅は高貴な色でした。また、紅染めの衣を肌に纏うことで血の巡りを良くして体を温めたり、皮膚病除けとしたりと、紅そのものが持つ薬効を意識して、しばしば用いられてきました。サロンでは、美しい紅染めの魅力をご紹介いたします。